受付10:00~20:00[月曜定休]
0120-515-405

安全ボックス

大地震では外に逃げ出す時間はありません。
だから潰されない部屋が必要です。

命を守る強さ
Strength to protect life

安全ボックス4つのポイント

安全性能を実証
Demonstrated safety performance
省エネ意識は経費削減にもつながります。

上から約34tの力をかけても、上部の桁が変形しただけで安全ボックス本体は影響を受けませんでした。地震で2階部分の屋根や壁・家具が天井に落下しても安全ボックスが入った部屋は潰れません。

省エネ意識は経費削減にもつながります。

神奈川県安全防災局安全防災部と神奈川大学工学部建築学科、アップルホームの産学官連携により強度実証実験を実施。水平方向への強度の確認が行われ、倒壊寸前まで力を加えても安全であることが確認されました。

頑丈さをご確認ください
Please check the ruggedness
  • 天井・床を解体します

    Step.1
    天井・床を解体します

  • 新たに基礎を作ります

    Step.2
    新たに基礎を作ります

  • 鉄骨を組み立てます

    Step.3
    鉄骨を組み立てます

  • 造作工事

    Step.4
    造作工事

  • 完成

    Step.5
    完成

地震に備えて準備をしましょう
Let's prepare for the earthquake

感電ブレーカーの設置をしましょう

東日本大震災や阪神・淡路大震災で発生した火災の6割以上(原因不明を除く)が電気による火災と言われています。
地震による電気火災を防ぐには、地震を感知すると自動的に電気を止める「感震ブレーカー」が効果的です。
自治体によっては、設置費用の補助制度もあります。

避難場所・避難経路、家族の集合場所・連絡先、安否確認方法を用意しましょう

室内の出入り口が塞がっていても、安全ボックスなら窓から外へ避難することができます。
避難時に持ち出せるよう、外側に出した窓付近に準備をしておきましょう。

飲料水や非常食を備蓄しておきましょう。

オプションで床下収納を設置しておくことができます。
ライフラインが止まった時に備え、最低限3日間を自力で乗り越えられるように用意をしましょう。

明るく開放的な耐震シェルター
Bright and open seismic shelter
耐震フィルター施工例①

施工ポイント

リビングに安全ボックスを設置。
ダイニングとリビングの間に壁を作らないことで、窓からたっぷりと光が入り、明るく広々とした空間に。
安全ボックスの工事と合わせて、ダイニング側も綺麗にリフォームしました。

地震が心配でしたが、耐震フルリフォームとなると決断が出来なくて・・・。
そんな時、娘が「安全ボックス」のパンフレットを持ってきてくれました。
”これなら負担も少なくていい”と即決!
地震があった時に孫達もすぐに逃げ込んでくれて、安全ボックスを設置してもらって正解でした。(O様)

耐震フィルター施工例②

施工ポイント

もともと廊下だった場所とリビングを一つの部屋にし、安全ボックスを設置しました。
それぞれの部屋を繋ぐ廊下をなくすことで、生活動線のスマート化も実現。
ブーレスが入ってる部分はおしゃれな飾り棚に。

鉄骨が入る分、天井が低くなり圧迫感があるのかな?心配をしていましたが、全然気になりませんでした。
既存の窓枠や引き戸のつなぎこみも細かく丁寧に仕上げてくれて、大満足です!!(N様)

安全ボックスQ&A
Q & A
  • Q.1
    工事期間はどれぐらいですか?
    A.
    内装工事を含め、約10日~2週間で完成します。
  • Q.2
    部屋の広さは?
    A.
    4.5畳、6畳、8畳タイプがあります。
  • Q.3
    あまり大規模な工事は・・・
    A.
    解体工事は、安全ボックスを設置する部屋の天井と床のみです。
  • Q.4
    建具を新しくすることはできますか?
    A.
    オプションになりますが新しく交換可能です。
標準工事費
Standard construction cost
安全ボックス + 内装工事
4.5畳タイプ 6畳タイプ 8畳タイプ
98万円(税別) 127万円(税別) 148万円(税別)

費用に含まれる工事内容

  • 解体工事(天井・床)
  • 基礎工事(配筋・コンクリート打設)
  • 天井・壁クロス・床(フローリング)仕上げ
  • 開口部各1ヶ所施工
  • 電気工事(コンセントや照明器具などの現状復帰)